韓国メディア紹介ろく大酒酒(キュウリを食べて多くナシを食べ手足口病て

韓国kormediサイトじゅうに月いち日の報道によると、年末年始は、新しいものを迎える酒宴にも.飲酒量を制御したいとしても、飲みやすい.第二日は吐き気がして、後悔して、しかし、この習慣を変えるのは容易ではない.一度だけでも、健康に酒宴に参加することはできません.第二の方法で第二日酔いは最も有効?一緒に見て次のろく種酒法だろう.1、できるだけ水に寄ります.酒を飲むなら、お酒を近所に置くほうがいいです.水はアルコールに希釈し、腹に腹感を与えて.酒を飲んで第二日のどが乾いて痛いのは体内アルコール分解で水分を分解して.酒を飲んだ途中でよく水を飲んで,お腹がいっぱいになって、このようにして少なく酒を飲んで食べて、野菜、容易ではありません.お酒と電解飲料水と炭酸飲料を一緒に飲んで、アルコールの吸収を促進し、より速く酔て.2、酒宴に梨を多く食べる.梨には肝臓の活動、体内アルコールの分解促進成分が含まれています.酒宴に梨をたくさん食べて.それを肝、一定の程度の上でも酒.3、飲んで飲んで柿を食べてまた寝ます.柿にアルコール代謝の促進成分、酒に効く.熟柿、柿の餅と柿の汁にもこの成分がある.家に帰った後で、酒宴や柿食べて寝ると酒に役立つ.4、酒を飲んでキュウリを食べます.きゅうり利尿効果は明らかに、その香りは酒が柔らかさせる.胡瓜の95 %以上水分構成、カリウム含有量は非常に高く、体内の塩分を廃棄物や重金属などで体外に排出することができます.もし多くキュウリを食べては、増加の水分摂取により,小便を増やすだけでなく、酒、膀胱と腎臓の健康にも役立つ.ご、スケソウダラ中に卵とねぎを加え.煮スケソウダラスープが加点ネギ.ネギにはビタミンCがアルコール分解疲労回復効果が明らかに.もしまた食べスケソウダラと卵、高品質のタンパク質を摂取効果がある.6、永遠のもやしスープ.アスパラギンともやしスープの酒効果で知られている.もやしに含まれるアスパラギンをアルコール分解後初めて生成の毒性物質を体外に排除アセトアルデヒド.もしもやし汤中放ネギ,手足口病、さらにビタミンCの効果を発揮する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です