漢方薬の手足口病足の足湯の調合指図して小さい炭酸ソーダを選んで

知ってのとおり、夜寝る前にお湯で足を浸してならば、一定の程度の上で有効の緩和できる人々昼間仕事による疲労感、できれば足湯で水中足を付けるいくつかの漢方薬の材料で、一部の病気の治療ももちろんいい.

Pヨモギ葉足足湯

P材料:ヨモギ葉50—100 g

まず、水煮を使ってから、水を加えて、温度を下げる、足湯、まず部分でお湯で20分後に,手足口病、また水を入れても足湯ができるのです.

効果:ヨモギ加姜治寒風と寒気の風邪、関節の病気、リウマチ、咳、気管支炎、肺気腫ぜんそく.

p>プラス紅花<よもぎを改善可能静脈瘤、末梢神経炎、血液循環はよくなくて、手足の麻や鬱血
痩せ薬の体験談.

p>ヨモギを加えにじゅう<山椒粒、適用脚汗、脚臭,脚気や温疹.

P酢足湯

P材料:適量酢

は、お湯を沸かす、適量の酢を入れ、温度が足湯に適している.

効果:酢で足を浸しても強化皮膚の弾力性、肌が滑らかに、改善をリウマチ、冷えなどの人体の不快な症状です.

p小炭酸ソーダ足足湯

には小さい炭酸ソーダ、適量の塩.

過程:水には塩を入れて、それから小さい炭酸ソーダに入れて、水の足湯.

p効果:血圧に下がる

pトウキリュウガン足湯

は40グラム、リュウガン肉25グラム

では、リュウガン、リュウガン25グラム

過程:当帰、リュウガン清水の適量をプラスして、炒めて煮ましよんじゅう分、かすの汁を取って、お湯を入れて2500mlと一緒に鉢の中で、まず顔を洗う燻蒸し、適切に洗って温度泡の足、毎日いち回、毎回泡をいぶさんじゅう分.

美容には、美容には、美容には、非常に良い効果があります.

生姜足湯

生姜足湯

1グラム、紅花1グラム、塩適量.

P、紅花,紅花は水で一緒に焼き、1スプーンにしても塩足を入れて、紅花にしておいて、紅花にしておいてもいい.

足冷寒がり.

紅花(p、紅花足湯、P、P、<紅花1グラム、少し塩.

紅花の過程:紅花は水に入れて入れて、1スプーンの塩、先に足後に足湯

効果:血行をよくすること化瘀、治の腰の痛み.

党参黄耆ビャクジュツ足湯

材料:党参じゅうごグラム、黄耆にじゅうグラム、ビャクジュツじゅうごグラム

の過程:3種類の薬を炒めて煮ました後に水を入れて足浴盆で足を浸してさんじゅう分、毎日1回.

効果:補气虚.

桂枝銀花紅花足湯

「p材>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です