どうしよう气虚夜間頻尿頻尿衰えて漢方医の手足口病灸

切迫感、頻尿、多くの人がこのような状況があり、旅行した時,手足口病、あるいは人の多いときは本当に苦いトイレをので、唯一の方法は早く治療.小編推薦――今日灸療法.

漢方医の理論は レビトラ 腎臓,腎主水司を開いて、全部、膀胱貯蔵尿から、夜間頻尿の問い合わせ先尿多多くの腎膀胱で虚と陽衰.素体阳虚や年高長患い緻し肾阳不足、封蔵職務、膀胱が約束を破って、撮影納する;やこめかみ火衰えない暖かい脾臓陽;あるいは脾臓阳虚衰えを飼ってない肾阳充緻脾臓腎2虚、元温摄は固で、いずれもつながる夜尿が増えて.筆者灸法治療効果を採用し、満足している.

関元、气海、神闕はいずれも人体穴.関元はへそ下さん寸の所、係三陰と任脉の会、小腸の募金の穴は、培元固本、利益の下焦之功.現代の実証を研究して、揉みや刺激に震える関元穴を達成した後、調節内分泌治療泌尿や生殖係の疾病の目的.气海はへそ下1 . 5寸、所属任脉.

凡虚脱、形体羸痩,疲れ疲労など气虚病証も治療.神闕は臍の巢の真ん中に、別名の臍で、所属任脉.よく灸このさんのツボを有効にするだけでなく、中高年夜頻尿、腸に腹痛、むくみ、洩赤痢脱肛、脳卒中脱証なども、独特な治療効果;同時に人を元気にし、体力もルックスも盛り、顔色がつやつやして、飛耳長目、身軽に延寿.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です