これらの手足口病奥の手は男にもっと長寿(図)させる

光の面を見て梅約医学センターの研究によると、楽観的な人は長生きしよ.から研究に参加した被験者の中で、発見して楽しい人より楽しくない人が少なくなったじゅうく%の死亡率、しかも悲観的な人はないとしても自分が長生きしよ.ペニス大学教授の20年赛利格曼実験をしたところ、気持ちの憂鬱、心細いの望みがない感じを引き起こすことが免疫システムの衰退.そして楽観的にあなたの長生きは、あなたの老年生活より独立、もっと自在に.イギリスは%人に対して研究をして、46
レトビラ偽物 %の人は処理圧力を処理することを知っている.ストレス、運動、瞑想、または好きな事ができる方法があります.何もしないで、リラックスして.男は常に競争が激しいため、イライラして不安、時に利己的な1時、何もしない、利己的である.線で歯をほじくるは虫歯の確率を下げ、線でも君を守れるの心臓.アメリカ歯根病学会は、歯病にかかる人は、冠状動脈側の病気にかかる人より多くの2倍にもなります.更に多くの性愛は間違いなく、1項は『イギリス医学ジャーナル』の研究で、1ヶ月に1度のセックスの男性、毎日少なくとも2度セックスの人の2倍の死亡率.デューク大学の研究も発見、男性の性行為は死亡率を下げることができます、これはすべての人にすべて良い情報で、しかしこの性、安全性を確定しなければなりません.献血にあなたが助けになった時、自分も助けてあげて.マサチュ-セッツ医学院や堪ナス医学センターの研究し発見して,手足口病、男は定期的に献血、心臓病の確率を下げることができて.研究者は、献血は体内の買いだめの鉄を下げることができる鉄、鉄は酸化することができます自由基、鉄の買いだめ、血管疾病の疾病とその他の老化に関連する疾病の確率を下げることができます.ハーバード医学院公兵衛学院の医師は、もっと社交生活の人が、寿命を延ばす、生命の質が増加するという人が出てきて、多くの社交的な生活をしている.一つはアメリカペニス罗塞托町の長期は研究し発見して、この町の町民心臓病の割合が非常に低くて、原因はこの町の人はすべてイタリア移民,彼らは非常に強いコミュニティ組織と郷のサポート感.赤じゅうたんの彼方への22年にわたる研究し発見して、もごじゅう、ろくじゅうやななじゅう歳の男は、既婚者は未婚者が長生きしよ.一つは8500の潰瘍に対して罹患潰瘍の人は調査して調べて、当時彼らはすべて十二指腸潰瘍.しかし、5年後、1年後、彼らの愛と支持が低低い人、十二指腸潰瘍の確率は、他の人の2倍にもなるというアンケートで記入した.男性の医学会理事会理事長は、この時間の夫婦は同じ時間でホルモンが消えていった状況について、このときもっとお互いに配慮、お互い支え合い.字ゲームは脳が運動する必要がある、体と同じである.アメリカデューク大学の研究は,長寿と教育程度、その後受けた知的活動が直接の関係性があると発見した.もちろん、1つの新しいもの、1つの新しい言語、1つの料理あるいはいかなるかつて試みたことの新しい物事を書きました.使う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です