24節気小暑予防の手足口病五大皮膚病

p>の本文<ガイド:24節気小暑に着いて、そんなに小暑はどれらに注意しますか?小暑どう養生?小暑予防にどれらの皮膚病?次に、知って小暑予防の五大皮膚病.

夏の紫外線が強すぎ、人体の皮膚が外に露出して引き起こす皮膚損傷.患者は紫外線過敏な人で、年齢や体質、一般的に屋外で作業する人や、ビーチに遊び,長時間に屋外で照りつけるの人はすべて日焼けしやすいです.

日焼けのような表現は日焼け後数時間から十数時間後には、露出した皮膚を感じ、かゆみ、皮膚灼熱刺して、赤み,はれ、すぐまた脱皮したり、また色素瀋着,手足口病、肌に殘るそばかす.

予防(:日焼け止め塗る

日の日焼けは紫外線過敏症の日光性皮膚炎と違い、完全に予防することができます,
シアリス.6~8月の10時まで14時、日光で紫外線照射が最も強い時間となっており、その際に外出することを避けて.外出しなければなりません、暴露の肌に日焼け止めクリーム、日除けをしたり、長袖服を着たり、薄い色をしたりします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です