日光の手足口病最も多い地方

あの壁は、日差しの最も多い地方.まるで灣遮断された川、時間暗涌、日光は波がきらきらと輝き.

壁が古くなった.おじいさんは、とっくに老い、親に頼っているで、古くなって.人の古いから、体が故障し、壁にも.墙基は土づき、中間のレンガと、赤レンガは、時間のつぎと創膏を貼る.老人と同様、壁の腰が非常に不直、斜めに一本の松葉杖をついていて、寒風を背負って、よろよろに太陽を日に当て.

日光不老が、一人の老、二人は一緒にいつも.おじいさんと老い、両親もこんな古いている.日光はさびで、それらの壁に暖かいの老人のように、目を閉じて、昔の事は暗礁、浮き瀋み込んで;あれは隅で暖房の子供は、騒々しいのは魚のように、日光に泳いで泳いで、行方不明.

私も魚が、毎回家に帰って、私はいずれも彼にその壁、そこへお寄りください.

そこは依然として日光の最も多い地方.私もなかったが、寂しい.また一期の子供、混んでいる時、コーナーをてんてこまい、陽の光を満汗流满面.老人は静かで、目を閉じ、任日光、しわに流れて.たまには、子供をつぶして、体には、彼らが目を開けて、子供に鮮やかなさまと笑って、時間が流れに沿ってしわ.

親も、安心しました.日差しの中で、父を干して暖かくて、母親の繕い物、彼らはとぎれとぎれに話して明滅昔の事を引き上げる.私は知っていて、たくさん私と関連して、しかし私はとっくに忘れて ダイエット食品.あれらの笑い声、嘆き、悄然とも溶かす日差しの中で、母に縫って、服を着て.このように、私はどんなかないで、彼らは寂しくない;どんな晴れたり曇って、太陽の光が、彼らも寒くない.

郷人は幸運なことに、彼らはまた壁を頼りに、暖かい.都市では、それを見ると寒いの老人や子供、私は故郷のことを思い出したあの壁を思い出して、言葉のストーリー:マイナスふかふかしている.

昔者宋田夫、常に衣缊黂だけで、冬を越す.及び春東作は曝は日ではなく、天下のある広い建物隩室、綿真綿狐狸.顧と妻の曰:マイナス日のふっくら、人莫者.を献吾くんは厚い報奨.マイナスが柔らかくて暖かいは干し.好きという言葉と、この物語には.あの田夫同郷の人に、私のような、ちょっと愚かで、ちょっと貧しいが、幸い、彼らは余裕の日光と素樸な.その君のようで、都会の人、聡明で、富んだ、何にもならず、1つには暖かい壁、1粒の心安らか.

巴尔蒙特は太陽を見て、私はこの世に来て.私は詩人、静かな心がないので、私はまだ都市と農村の間に疲れて奔走する.毎回家に帰って、思い出すこの句を思い出して、その壁を思い出して、あの太陽の光が多いところを思い出して、両親、そして自分で言うことに対して太陽のために、私は故郷に帰って.
<>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です