サルの手足口病経典の実験の2:階級の起源

サルの経典の実験:階級の起源

実験员たちの実験を続け、今回彼らが変わった噴水装置.

いったん検出サルがバナナを取ろうとすると、すぐに水を噴き出してバナナのサルのではなく、全体.

そして実験员はその中の1匹のサルを釈放し、新たに入って新しいサルC.

違うサルにC特別な力のある.

もちろんサルCバナナを見ると、すぐに取ろうとしても.

同様に以前に発生した場合には、他の4匹のサルも海KサルC 1回.

でも彼らはCの実力を想定したので、結果は反被C海K 1回.

そこでサルCを手にしたバナナも、もちろん、ぬれた透湿性.

三便宝本物 Cをくしゃみをしながらバナナを食べながら、美味しいけれども玉に瑕.

A、B、D、Eはバナナを食べながらも比較的に楽しくて、結局降られないよ.

Cを発見後だけバナナのあのこそ降られて、彼は最も弱いA彼のために取りに行く.

AれたくないKしかないので、毎日持ってバナナそして水を浴び.

B、D、Eますます楽しくなってきて、これって、人並みか:)

そこで五匹のサルを三人階級.

これに従って急に階級も道徳起源.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です