手足口病人

人よ!私の胸の中が升る太陽、人はこの眩しい日差しの中でゆっくりと進む!向上!悲劇のように完璧な人よ!

彼を見まし高慢な額、豪快で深い目、その瞳に輝くものの思想の輝きが、雄大な力の輝き、この力と人々の神霊は頽廃疲れ時、人々の精神を奮起をひっくり返す時神.

彼は荒涼の宇宙の中に身を置いて、それを独り立ち及びもつかないスピードで走りに果てしない空間の奥の土地に、しきりに琢磨している人々の問題:“私はなぜ存在するのですか?」――彼は勇敢に進む!向上!沿道に――を人間と空のすべてのすべてが奥秘.

彼は進む一方で心血を注いで一面、彼の困難、また豪胆な徴途、灼熱の血で胸を創造した詩の花が枯れない花、彼を心から巧みに不安の切ない声譜割楽曲によって、彼自身の経験を作って、歩くたびに一歩ももっと素晴らしい人生を彩る、は太陽のような光で大地を照らす.彼はひっきりなしに、絶えずに歩き出す!彼は大地に1粒の道しるべのスター……

彼の思想の力だけで、このような思想時に迅雷、時には静かなら寒剣――で高慢な人が遠くてみんなの前で、あぐらをかくの上に、一人で生活の謎の中に身を置いて、独自の誤謬の間に陥って数えきれない……このようにすべて磐石一般圧彼の心に彼の心を誇り、苦しめて、彼の脳には、彼を恥じていたたまれない呼んで彼に全てを迷误消滅光.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です