手足口病人

人よ!私の胸の中が升る太陽、人はこの眩しい日差しの中でゆっくりと進む!向上!悲劇のように完璧な人よ!

彼を見まし高慢な額、豪快で深い目、その瞳に輝くものの思想の輝きが、雄大な力の輝き、この力と人々の神霊は頽廃疲れ時、人々の精神を奮起をひっくり返す時神.

彼は荒涼の宇宙の中に身を置いて、それを独り立ち及びもつかないスピードで走りに果てしない空間の奥の土地に、しきりに琢磨している人々の問題:“私はなぜ存在するのですか?」――彼は勇敢に進む!向上!沿道に――を人間と空のすべてのすべてが奥秘.

彼は進む一方で心血を注いで一面、彼の困難、また豪胆な徴途、灼熱の血で胸を創造した詩の花が枯れない花、彼を心から巧みに不安の切ない声譜割楽曲によって、彼自身の経験を作って、歩くたびに一歩ももっと素晴らしい人生を彩る、は太陽のような光で大地を照らす.彼はひっきりなしに、絶えずに歩き出す!彼は大地に1粒の道しるべのスター……

彼の思想の力だけで、このような思想時に迅雷、時には静かなら寒剣――で高慢な人が遠くてみんなの前で、あぐらをかくの上に、一人で生活の謎の中に身を置いて、独自の誤謬の間に陥って数えきれない……このようにすべて磐石一般圧彼の心に彼の心を誇り、苦しめて、彼の脳には、彼を恥じていたたまれない呼んで彼に全てを迷误消滅光.

流域手足口病移り気で

蝶の心

、美しくて、温風.歩道橋の上に男女の対話.

あなたは私を探して何も足りない深い傷、私は更に私に1刀?女は冷ややかに言って.

そう、あなたに用事があるのはあなたを手伝いますか?男的.

私がまたあなたを手伝いますか?

会の、あなたの.男の表情は固い

ああ、、、女の声を上げて冷笑後向きのステップ時、足が男抱きしめ女と男はあっという間に土下座顔ばかり哀願の色は紫蝶、お願いもう私は一度にしましょう、私はあなたを求めて、私の全掌握君の手に.幸せの2字を聞いてすぐにのぼせ紫蝶が、足にひどくぎた彼の顔.男は彼女の足にしがみついて、紫蝶どなりつけます:“あなたは***の顔もある幸せの二文字は、あなたの男と自分の良い友達に裏切りの味がありますか?あなたはあなたが知らない傷私が深いほど、断腸の思いをするそれは、心の1刀カットされて下の痛み.ちょっと失礼ですが?私は毎晩毎晩眠れないで、私はあなたを忘れたくて、しかしあなたは一回また一回の私を探しにき、前回私はあなたが彼女の、今回またなん、誇示あなたどんなに仲むつまじいですか?」そう言って紫蝶の語気ヒステリックに叫ぶために怒りが変わってから.

いいえ、いいえ、私は彼女の幼名だけが知っている、これは最後に一回、最終回、お願い、お願い、どんどん哀願男.

放して、放して、放して、震えている紫蝶太もも.

いらないと

かどうか放して紫蝶と叫んだ.

いらないと

約1分、

蕾紫蝶は疲れっていた彼女は子供の時から、育った友達の幼名.

紫蝶に睡眠薬を買いました、彼女はきっと眠れない夜.しかし彼に教えて食べられない睡眠薬だから、彼女が白血病で、しかし彼女を通じて他のルートは睡眠薬を買う.ときに心に生理の上の痛みよりもっと人を窒息させ.

日復帰、心の傷はまだ痛む.すべてが薄れ、しかしこの時彼女が、彼女が最も会いたくないのあの人にかかってきた.彼は約彼女はいつもの所で、彼女はきっぱりは行こうとしないのだけど、彼は歩いた扉.

紫蝶にドアを開けては彼、彼女を直したいたち閉めるはとっくに彼を凌ぐ.

あなたは私に入らせる

あなたは何をしますか?紫蝶は苛立ちを言う.

> 痩せ薬;

自分の手足口病金コップが低くて

に満ち失望の若者に来てはるばる寺院、住職釈円は言います:私は一心不乱に勉強丹だが、これも見つかっていないが驚かされるの先生.

釈丸い質問:" 痩せ薬;あなたわたり歩いて十数年、本当に見つけられなかった自分の好きな先生ですか」

若者深いため息をついて多くの人にも、私は彼らに会ったことがの絵も、ある画技より私ね!

釈円と聞いて、淡い老僧は分からないが、絵が、愛を集めてもすこぶる名家精品.施主以上の画技はあれらの名家見劣りがする、またドナーを老僧殘されて芸術のだろう.そう言って、言いつけ小僧さんが取った筆墨硯と束竹紙.

釈円老僧の最大の趣味は、お茶の愛を、特にあれらの造型の古風で質樸茶器滑らか好き.檀家可否を私の絵はコップと急須?

若い人が聞いて、言います:“これは簡単ではない!」

そこで調た硯濃い墨、唐紙広げ、僅か数筆で描き、斜の水筒やポーズで優雅なカップ.そのやかんの壷口がゆっくり吐いてパルスのお茶を注いできました、あのカップに.若い人問釈円"この絵ご満足できるか」と

釈丸いにっこり笑うと、首を振る.

釈円は言う:“あなたの絵は確かにいい、ただ急須やマグカップを入れ違える位置.はカップで、急須でね.」若い人は聞いて、笑って、大師は何故愚か、どこへ急須茶碗に注水、カップ傍線に急須の下で?

釈円は聞いて、またかすかに笑うもともとあなたのその事をわかってよとあなた渇望して自分の柱に入る達人の香茗あれらの丹、しかしあなたはいつも自分のコップはあれらの急須よりも高く、香茗どうして注入あなたのコップですか?自分だけを置いて低くて、他の人のと経験を吸収する.」

自分を充実させたい、まず正しく自分を知って.

ジャンカイがを百川の王は、身の低下から知っているので、胸をはってところで争わない.

同様で、あなたを持つ百川のような事業と輝き、まず像のように自分の心や目を開けて.